昭和から平成、令和へと時代を超えて充実したサービスをあなたへ
【義務化】電子帳簿保存法に対応しています。
こちら

【税理士】電子帳簿保存法に対応したサービスを提供しています。

2022年から改正電子帳簿保存法が施行され、一部の対応が義務化されます。

違反の場合には罰則も用意されているため、ご対応が必要となります。

追記(2021年12月6日)

日経新聞にて、2年の猶予を設けるとの報道がありました。顧問先様には、詳細が分かり次第、ご説明・対応いたします。

報道内容の抜粋は下記のとおりです。

・2年間は引き続き紙での保存も容認される
・22年度与党税制改正大綱に盛り込まれる予定
・年内に関連省令が改正される予定
・企業の申し出に応じ税務署長が判断する。

いずれにせよ、税務署長の判断を仰ぐことになるようですので、ご対応が必要となります。

リバティ税理士法人では、改正電子帳簿保存法に対応したサービスを提供しております。

顧問先様へは担当者より順次ご説明いたしますので、ご心配なく事業に専念していただければ幸いです。

当法人は、最新税制への対応は当然のものとし、デジタル化する社会・ビジネス・法制度へも迅速に対応しております。

通年での対応が必要となるため、顧問契約のない方や過去お取引のない方への電子帳簿保存法対応のみのご相談・ご質問は受け付けておりません。ご容赦ください。)

これを機に顧問契約をお考えの方はこちら又はお電話からお問合せください。
会計・税務申告・法改正への対応等の生産性のない面倒な部分は当法人へ丸投げして、本業に専念されてはいかがでしょうか?

業者向け電子帳簿保存法まとめ

タイトルとURLをコピーしました