採用情報


ページ下部の現在の募集について」を必ず読んだ上でご応募ください

リバティ税理士法人<求人情報>

若いスタッフも多く活躍する職場です。
税理士、公認会計士の資格取得を目指している方、税理士、公認会計士として新しいステージを求めている方、ご応募をお待ちしております。

当法人では「人材の使い捨て」をしません。ブラックに疲れた税理士の方のご応募もお待ちしております。

当法人は、お客様のニーズへ真摯に向き合い、信頼の輪を広げてきました。 その信頼が新たな信頼を生み、業種規模を問わず、 千葉県内のみならず関東圏を中心に新規のお問い合わせも増えています。

そのため、日々励むスタッフにとっても、多種多様な業務に挑戦し、 経験値を高めることができる環境となっています。

リバティ税理士法人が人気の理由

  • 法人化されていることで、個人事務所所長の急な不幸による失業リスクがありません
  • ブラックが蔓延するこの業界で、リバティ税理士法人では経営陣が徹底してホワイト企業を目指しています
  • ホワイトなので求人を出すことは稀ですが、応募があれば採用の検討をしています
  • 徹底したハラスメント対策をしています
  • 疑似独立制度あり
    (個人税理士が独立して食べていける時代は平成で終わってしまったため、独立のリスクを低減しつつ、独立とほぼ同等の環境を持てるような仕組みです)
  • 自習室あり
    (就業時間中に勉強・使用することはできません)
  • 勉強と仕事の両立が可能
    在職中に税理士登録する従業員増加中
  • 近年は相続・資産税の案件も増加
  • 大学院進学等の資金援助制度あり
    (一定の要件を満たした者のみ)
  • その他資格取得補助制度あり
  • 車・バイク通勤応相談で可
  • 社会保険はもちろん完備
  • 分煙オフィス(電子タバコのみ)
  • 従業員の4割以上が女性
  • スタッフ同士は明るく和気あいあいとしており、働きやすい雰囲気です
  • 定着率の高い職場です
  • 松戸駅東口徒歩8分、税務署となりという立地
  • 面倒見が良い職場です。スタッフと同じ目線でしっかりサポートします
  • お客様事情や繁忙期以外は、残業はほぼありません
  • 研修制度・研修休暇あり
  • 能力に応じた昇給があります
  • 雇用契約書・労働条件通知書あり
  • フレックス就業、非常勤勤務(正社員)を導入予定
  • 副業の解禁予定
    (一定の要件を満たした者のみ)

現在の募集について

快適なオフィスで長期的に共に励んでくださる方を、正社員・パートで若干名募集しています。
入社日や面接日もご相談に応じます。

未経験や経験の浅い方もご安心ください。
もちろん経験者は優遇いたします。
ご応募お待ちしております。

※当法人は求人を滅多に出しませんが、求人を出していない場合でもご応募を受け付けております。

なお、近年の当法人の二次試験の通過倍率は10~20倍程度(年度によって異なる)です。
一次試験通過者のおよそ10~20人に1人程度の採用となっております。

採用に関するFAQはこちらからご覧ください。

過去問と解答例はこちらからご覧ください。
(下記の1次試験の出題ではなく、応募する職務に対応した過去問で解答例を掲載していない問に対する解答を任意に選択していただいてもかまいません。)

応募方法ー役員候補(既に税理士資格を有する方)

初任給は能力に応じて決まります。
また、毎期、その者の能力・貢献度に応じた昇給があります。

過去問と解答例はこちら に記載しております。

1次試験

  1. 当法人のメールアドレス( recruitアットマークliberty-tax.or.jp )にPDF形式のあなたの履歴書を添付し、次の問1、問2についてメール本文に記述してください。
  2. 問1
    税理士法人の役員は、税理士資格を有する者しかなることができません。法人の役員には経営能力が求められます。しかし、税理士試験には経営に関する科目はありません。
    そこで、あなたが経営の視点を有することを過去の経験等を踏まえて説明してください。
    問2
    大手の税理士法人にはいくつかの共通点があります。そこで、あなたが考えるその共通点について説明してください。
  3. 一次試験を通過した方は2次試験の日程調整の連絡をいたします。

2次試験

    1次試験を通過した方には、面接をいたします。
    追って面接日時の調整の連絡をさせていただきます。
    この面接に通過した方は採用となります。
    仲間として一緒に頑張りましょう!

応募方法ー正社員(既に税理士資格を有する方)

※公認会計士試験合格者、司法試験合格者は下記の1次試験を飛ばして、面接を行いますので、履歴書をメール( recruitアットマークliberty-tax.or.jp )に送信してください。

初任給は能力に応じて決まります。
また、毎期、その者の能力・貢献度に応じた昇給があります。

過去問と解答例はこちら に記載しております。

1次試験

  1. 当法人のメールアドレス( recruitアットマークliberty-tax.or.jp )にPDF形式のあなたの履歴書を添付し、次の問1、問2についてメール本文に記述してください。
  2. 問1
    次の画像のうち、知っているもの、使ったことのあるものを教えてください。
    また、この問の意図は何かあなたの考えを述べてください。
    問2
    税理士法第1条では、税理士の使命として次のように定められています。
    「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」
    この条文につき、税理士試験の試験委員であった増田英敏氏は次のように述べています。
    「税理士法第1条は,プロフェッションとしての税理士の使命を定めたものであるといえよう。」

    「プロフェッションとは『学識(科学または高度の知識)に裏付けられ,それ自身一定の基礎理論をもった特殊な技能を,特殊な教育または訓練によって習得し,それに基づいて,不特定多数の市民の中から任意に提示された個々の依頼者の具体的要求に応じて,具体的奉仕活動をおこない,よって社会全体の利益のために尽くす職業である』(小島武司他編『法曹倫理[第2版]5頁(有斐閣,2006年』)と定義できる」
    引用元:増田英敏「続・実践租税正義学第98回」税務弘報,2018年5月
    この言説によれば、税理士がプロフェッションであるならば、社会全体の利益のために尽くす必要があります。
    あなたが税理士としてプロフェッションであることを、過去の経験または将来の展望を踏まえて、説明してください。

  3. 一次試験を通過した方は2次試験の日程調整の連絡をいたします。

2次試験

    1次試験を通過した方には、面接をいたします。
    追って面接日時の調整の連絡をさせていただきます。
    この面接に通過した方は採用となります。
    仲間として一緒に頑張りましょう!

応募方法ー正社員(税理士志望の方)

初任給は能力に応じて決まります。
また、毎期、その者の能力・貢献度に応じた昇給があります。

過去問と解答例はこちら に記載しております。

1次試験

  1. 当法人のメールアドレス( recruitアットマークliberty-tax.or.jp )にPDF形式のあなたの履歴書を添付し、次の問1、問2についてあなたの考えをメール本文に記述してください。
  2. 問1<選択問題>①、②、③から任意の2つを選択して答えてください。
    ①「試験で5科目取らなければ税理士として認めない」という言説を流布することによって得をするのは誰でしょうか?最低2つ挙げてください。

    ②この業界では「3年3箇所勤務して独立すれば安心」という嘘が流布しています。なぜこれが嘘であるといえるのかあなたの考えを教えてください。

    ③「現代において、もはや税理士資格は独立できる資格ではない」という主張に対してあなたの考えを述べてください。

    問2
    過去に税理士試験の試験委員であった増田英敏氏は次のように述べています。
    「日本の税理士は,基本的な法律の訓練(トレーニング)を受けていない場合がほとんどである」

    「税理士試験も税法の解釈適用の問題を問うのではなく,どちらかというと税額計算と通達や条文を正確に暗記しているか否かが問われる」

    「日本の税理士に求められる社会的ニーズと試験制度や法教育の欠如といったミスマッチが日本の税理士の現状であり,大きな課題である」

    「社会的ニーズにマッチした学識,すなわち税法の基礎理論とリーガルマインド(専門的技能)を保持し,その技能を常に向上させる努力が,プロフェッションとしての税理士に不可欠の要件である」

    「税理士に求められるのは暗記偏重の思考停止型の人間ではなく,しっかり筋道を立て法的に考え抜くことができる問題解決型の人間である」

    「司法試験のように六法を持ち込み可にして,税法の解釈・適用のあり方を問う試験問題にその内容を全面的に改めるべき」

    「税理士の業務は近い将来にAIに取って代わられるとの警鐘は,試験問題をみる限り的を射ている」
    引用元:増田英敏「続・実践租税正義学第98回」税務弘報,2018年5月、「続・実践租税正義学第99回」税務弘報,2018年7月
    あなたは上記の増田氏の意見についてどのように考えますか?
    また、試験制度が変わらないのはなぜだと考えますか?
  3. 一次試験を通過した方は2次試験の日程調整の連絡をいたします。

2次試験

    1次試験を通過した方には、面接をいたします。
    追って面接日時の調整の連絡をさせていただきます。
    この面接に通過した方は採用となります。
    仲間として一緒に頑張りましょう!

応募方法ー正社員(税理士志望ではない方)

初任給は能力に応じて決まります。
また、毎期、その者の能力・貢献度に応じた昇給があります。

過去問と解答例はこちら に記載しております。

1次試験

  1. まず、Google検索で履歴書としてあなたが適切だと考えるWord形式のフォーマットを探してください。
  2. そのフォーマットに必要事項を記入してください。また、あなたの顔写真もWordファイルの所定の箇所に添付してください。
  3. 完成した履歴書をPDF形式に変換してください。
  4. 当法人のメールアドレス( recruitアットマークliberty-tax.or.jp )にPDF形式のあなたの履歴書を添付し、「この1次試験の意図は何か」についてあなたの考えをメール本文に記述してください。
  5. 一次試験を通過した方は2次試験の日程調整の連絡をいたします。

2次試験

    1次試験を通過した方には、面接をいたします。
    追って面接日時の調整の連絡をさせていただきます。
    この面接に通過した方は採用となります。
    仲間として一緒に頑張りましょう!

応募方法ーパート・アルバイト

時給950~2000円程度です。
仕事内容・能力により時給は異なります。
だいたい時給1,400円程度を想定しています。

履歴書
一般的な履歴書を郵送またはメール( recruitアットマークliberty-tax.or.jp )に添付してください。
採用の場合には、こちらから面接の連絡をいたします。
不採用の場合にも、その旨の連絡をいたします。

タイトルとURLをコピーしました